ビットコインの初心者から見た、理解しにくい仮想通貨の専門用語や疑問について説明します。

初心者の視点からの通貨選びの際のアドバイスなど、経験の浅いビットコイン初心者の方が、安心してビットコイン投資をやっていただくことが可能なようにアドバイスしていきたいと思います。

仮想通貨とは

まず、ビットコインをはじめとする仮想通貨は暗号通貨とも呼ばれ、インターネットを介してデータで取引され円やドルのように実際の紙幣・通貨のように現物は存在しません。

仮想通貨は世界中で2000種類以上あると言われていますが、日本で取引できる代表的な仮想通貨は、Bitcoin (ビットコイン)Ripple (リップル)Ethereum (イーサリアム)NEM (ネム)Litecoin (ライトコイン)Lisk (リスク)DASH (ダッシュ) などがあり、それぞれの通貨によって特徴や技術が違います。

仮想通貨の買い方

仮想通貨を購入するには、取引所といわれる業者を利用して購入する必要があります。

取引所については国内外に多数あり、取扱い可能な通貨をはじめ、注文するときの方法やそこでの手数料などの、会社選びには欠かせないサービス内容などの見方から比較検討してみて、自分自身の仮想通貨の購入に最適なところを探してください。

国内の人気の取引所は、BitFlyer(ビットフライヤー)、Coincheck(コインチェック)、Zaif(ザイフ) などがあり、以下のような通貨を購入することができます。

BitFlyer・・・Bitcoin Ethereum Litecoin
Coincheck・・・Bitcoin Ethereum Ripple NEM Litecoin Lisk DASH Factom Monero
Zaif・・・Bitcoin NEM monacoin

ウォレットとセキュリティ

仮想通貨を購入後、保管する為に、Wallet (ウォレット) というものがあります。

このウォレットは仮想通貨の財布みないなものですが、ビットコイン以外の仮想通貨に対応したウォレットは少なく導入にも手間がかかる為、現状では購入した取引所の口座に仮想通貨を入れっぱなしの状態にしている人が多いと思います。

仮想通貨ではハッキングで資産を盗まれるという問題があり、セキュリティ上はウォレットに保管するのがベストですが、最近では取引所自体がハッキングなどの被害の保障をしており、セキュリティ対策にも力をいれています。

もし取引所に仮想通貨を保管するならログインには必ず二段階認証を設定して万が一に備えて、多額の資産を預けないか、取引所を分散させるかしてリスクを分散させましょう。

仮想通貨への投資

仮想通貨を売買して利益を得るのが仮想通貨投資です。

例えば、ビットコインの投資は、持っているビットコインの価格が思ったとおりに上昇して、価値の上がった元のビットコインを売れば、買取額と売却額の差になる額の儲けが利益となります。

ビットコインは一年未満で価格が数倍になり、リップルやネムにいたっては数十倍という驚異的な価格上昇し記録しています。

今年は仮想通貨元年といわれており、仮想通貨の将来への期待が価格上昇に現れています。しかし、たった一日で30%も下落することもあり仮想通貨の投資は常にハイリスク&ハイリターンです。

初心者の方は大金をかけて短期的な儲けを狙わず、余剰資金で購入した仮想通貨を長期保有するのが賢い仮想通貨の投資だといえるでしょう。

仮想通貨の税金

仮想通貨を売って利益があった場合は「雑所得」になり、所得税の課税対象となるのでの注意してください。1年間で、他の所得と合わせて20万円を超えた場合は、確定申告が必要になります。

仮想通貨の売買が日本で始まってからまだ日は浅く将来的にも法律が変わる可能性もあるので、多額の利益があった年は税務署に相談した方がいいでしょう。